医療の現実。

忙しくてなかなか出れなかったのですが
さすがに薬が無くなってしまったので
今日はお世話になってる皮膚科へ。

いくら忙しくても病院の時間くらい取れないのかと思うのですが
ここの病院、本当に混むので
たっぷりの時間と気合が必要なんですねー。

今日は特に酷く混んでいて、
私はかなり早いほうだったはずが、
8時に着いて、診察を受けれたのは2時間半後。
診察を終えて、これまたお会計に呼ばれるまで
30分以上かかりました。ふぃー!
待合室は待たされている患者さんと
その対応に追われるスタッフさんでピリピリしてるので
居心地が悪くて、病院を出たときは変な疲れがどっときました。
そんなことも含めて今日はちょっと先生と世間話もしたのですが
先生も体調が良くないそうで、
病院の縮小を検討されているそうです。
名医は名医で色々と悩まれるんでしょうね。
他の病院の紹介もされましたが、
私はできるかぎり、この先生に診ていただくつもりで
毎回皮膚科の日は待たされる覚悟で予定を組まなきゃなと改めて思いました。

そうそう、病院でお隣に座っていたおじさんが
心臓にペースメーカーが入っている方でした。
私も他人事では無いのでちょっと失礼を承知でお話を伺ったのですが、
やはり携帯電話が普及して、電波が飛び通うこのご時勢は
いろいろと生活も大変なようです。
カーナビなんかもダメみたいですしね。
せめて公共マナーを気をつけなきゃなと思う出来事でした。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する