"wild things"

観ていてなんとも懐かしい場所だと感じたのは私の留学先に近いところで撮影されていたようです☆

昨日は、彼氏さんがやっとお休みがとれたので、
久しぶりにふたりでおでかけしました。

念願の『かいじゅうたちのいるところ』がやっと観れた。
前売りもちゃんと買ってあったのです。

映画はエンターテイメント性などを重視したのではなくて、
映像だからこそできる、ダイレクトに心の隙間に入り込んでくるような
誰しもが覚えのある“感情”が表現されていて
子供の絵本からはじまった映画でも、
子供のための映画というわけではなく、
8歳の少年の視点で世界がどううつっているのかが描かれていた作品でした。

観ていて、「あー、あの頃のわたしだ」と何度思ったか。
主人公マックスが子供なりに世界と折り合いをつけながらも
不満や不安を感じながら、誰かと一緒にいたいと思う気持ちや
かいじゅうたちが「孤独もどうにかできる?」と王様であるマックスに訊ねる姿。
真実を知りながらも友人を喜ばせたいがためにそれを黙っていたり、
別れが辛くて大きな目から涙をこぼす姿。
誰しもが感じたことのある痛みや喜びが
8歳の王様と大きなかいじゅうたちの視点でナイーブに描かれていて、
自分の記憶と感情に自然と向き合わせるような映画でした。

音楽も映像も美しくて、
この年齢になって誰かに頭を撫でられるような
優しい気持ちになりました。

スパイク・ジョーンズ監督の本気を感じられる、
素晴らしい名作です。


画像:
海外のサイトではブログパーツがあったので
ポスターを載せてみました☆
絵本も自分用にほしーなー。

コメント

彼氏さんとのデートは満喫できたみたいですね~☆☆
私もきのう映画を観に行きましたが、いつも同じ生活に不満を感じたりしたとき、刺激
を与えてくれる一番身近な方法が映画だな~☆と思います(^^)

感情を映像で伝えることってとても難しいことですが、それをやってのけれる映画監督
さんは素晴らしいですよね~!
最近、こどもが主役のお話を読んだり観たりするとヤケにせつなくなるのは、年をとった
証拠でしょうか・・・?(笑)

2010/02/02 (Tue) 17:11 | あげ #JyU7ryyc | URL | 編集

『かいじゅうたちのいるところ』
って絵本が原作の映画ですよね。
CMを見てから気になってました。
Ruiちゃんの感想を読んで、私も自分と重なるところが多々ありそうだなぁ。と思ったりw

2010/02/03 (Wed) 18:53 | narumi #- | URL | 編集

いつもレスが遅くてごめんなさい><

*あげさん
バタバタしているので
久しぶりにおでかけして嬉しかったです!
そうですね、あげさんの言うとおりで、
第三者の人生に触れて刺激をもらえる身近な方法が
映画だなぁと私も思います!

映画監督は本当に総合職だと思うので
経験してきた多さが腕にのっかってるのかなーと
しみじみと思ってしまいますね。
あー、それ、そうかもしれないです!
私も最近しみじみ切なくなる自分に
歳を感じますものーww


*narumiさん
そうですそうです!
絵本の原作者も絶賛されるのが
よくわかるほど出来栄えがいいですよー!
是非、narumiさんにもオススメ♪
ついでに、ゆんゆんちゃんくらい感性の強い子なら
きっとお子さんでも楽しめる映画です☆

2010/02/07 (Sun) 02:55 | Rui #KGAhWzec | URL | 編集

ニイハオ^^戻ったよ~。ひさっ

私もこの映画を機内上映で観ながら帰って来ました。

色々な心のあり方ゃ友達との付き合い方の難しさ・・etc 
それでも最後には皆で彼を送り出してくれるkwの「食べちゃいたいほど大好き」
の言葉が一番好きだったなぁ~

とっても素敵な映画でした。

2010/02/08 (Mon) 17:03 | yuka #- | URL | 編集

*yukaさん
わー、日本にいるんですかぁ??

私も食べちゃいたいほど大好きっていうのに
それでも送り出すあのKWの言葉好きです。
切なくて、それでいて素晴らしい映画でしたね!

2010/02/09 (Tue) 23:05 | Rui #KGAhWzec | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する