スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀座、芸術鑑賞。①

光と影、どちらも大切ですね。

朝早く家を出て、銀座へ。
今日は私と彼氏さんの月1の芸術鑑賞会の日。
ってそうゆう日を持つことを決めたわけじゃないんだけど
気づくと大抵月1でそうゆうことになってます。

藤城清治さんの作品展『藤城清治 光と影展』に行きました。
私と彼氏さん揃って大ファンなんですが
初めて生の作品を観て身体と心全身で感動して
ずっと涙をこらえていたけど
藤城さんの愛猫アラメへの作品を観たら号泣してしまって、全く変な人でした。
横を見たら、彼氏さんも必死に涙をこらえてて、笑っちゃいました。

ひとつひとつセロファンを根気良くかみそりでカットしては、
濃淡を出したり、髪や葉の1本1本にも魂を感じられる藤城さんの作品に向き合うと
いかに自分がちっぽけなのかと感じずにはいられませんでした。
何年経っても愛情を持って取り組むことはとても難しいし、
むしろ歳を重ねるごとに作品への丁寧さや誠実さを大きくしていける姿勢は
誰にでもできることではないように思えます。

85歳になっても衰えるどころか
飛躍していく創作意欲と技術に、
心から私もこう在りたいと思いました。

また開催されている教文館が程よく古くてとても素敵な建物で、
なんだかとても居心地が良かった。

ランチ後にもう一度教文館のミュージアムショップに戻って、
たくさんのポストカードに愛猫アラメがモデルになった素敵なポスターを
おうちに飾るために購入してきました。

この作品展、実に素晴らしいです!


写真:
入口のショーケース。
立体的なものも藤城さん自ら作るそうです!
グラスにもちょっと装飾があったり、
遊び心が素敵な人だなぁと思いました。


*今日のハプニング①
ランチに焼肉屋さんでA5ランクの牛肉をいただきました。
元々焼肉すら食べない私なのに、
あまりにいい肉過ぎて、お腹を壊した私。
お腹もびっくりしちゃったみたいです。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。