途中下車。

日差し。

月曜日の皮膚科では、2時間待たされても結構充実していたのでした。
病院に置いてある漫画を読んでいて、十分時間つぶしができて、涙ぐむような内容もあったり。
自分が持っている大好きな漫画を読み返すのも好きなんだけど、
こういった思いがけないところでの名作との出逢いも嬉しいんですよね?
80年代や90年代の少女マンガ(特にマーガレット系)は実に切なく
映画のようなロマンチックさがあるものが多い気がします。
この前は『ベイビーブルー』と『天使の惑星』という漫画を読んでました。
いくえみ綾さんも本田恵子さんも昔から好き。

『天使の惑星』のコミックの中で短編読みきりとして掲載されていた
「フェアウェル・クリスマス』での台詞がとても印象的でした。

“写真はほんとにいいよ
オレたちみたいに
ふつうの人より立ち止まるのが好きで
人生の途中下車の数が多い人間には”

“せや 性分やな これは
スマートな超特急に乗って
人生ぶっ飛ばしていかれへん人間や”


写真という同じものを好きになったが故にライバルになったふたりが
久しぶりに仲良く会話するシーンの台詞なんだけど
なるほどなーこんな風な考え方もあるんだなぁ。

私は年齢の割りには結構周りよりのんびり人生を歩んでいるので
周りの話を聞いたり、近い将来のことを考えると焦ることばかりなんですけどね、
視点を変えると、写真ってそうゆうもんなのね、すてきねと思ったりしました。
いつも早足で駆け上がる坂も、たまにのんびり行くと面白いものを発見したりするものです。

それにしても、この頃の物語には一眼レフカメラがよく出てくる!
『ベイビーブルー』にも写真の話の読みきりがありましたが切なかった。
これもまた偶然じゃなかったのかもしれないな。
次回の病院でも飽きずに読み返してしまいそー。


写真:
「フェアウェル・クリスマス」という話しの中でも、
雲の写真が重要になってきます。
今日は日中は暑かったけど、それでも夕方になると涼しくなりました。
少し風があって気持ちが良かった。

コメント

ベイビーブルーってどんなんだったっけ。
むかーーし読んでもう忘れちゃったっっ。
いくえみファンとしてはまた読んでおかなくちゃね!!
人よりのんびり生きていけるって幸せなことだと思うし、
それによって、色んなことを見たり聞いたり
すべてをRuiちゃんのものにして歩いていけるといいよね☆
私も結婚してからというもの、かなりのんびり生きていけているので幸せです。
精神的にも、体力的にも、1番落ち着いているときかもしれないなぁ。
そのとき、やれるべきことをいつも忘れずにやっていかなくちゃね。

2008/09/11 (Thu) 11:48 | モニ #- | URL | 編集

漫画のことを自分のブログに書いて、
Ruiちゃんのところに遊びにきたら
こちらでも漫画の記事を発見( *´艸`)

ふと手に取った漫画の中に
はっとするような言葉を見つけた時って
自分に贈られたメッセージのように思えて嬉しかったりしますよね。

2008/09/11 (Thu) 13:19 | narumi #- | URL | 編集

*モニちゃん
いくえみさんと言ったらモニちゃんだよね。
ベイビーブルーはね、ミュージシャン目指してる男性と、中学生女子の交流を描いた作品だよ!
梅って呼ばれてる男の人のやつ。
まさにこの前話した、タミタミっぽい男性でした!
私的には、これに入ってたほかの読みきりにぐっと来たよ。
私の場合結構急かされながらも
意地になってゆっくりなところがあるんだけど
急いで写真とは向き合えないから、
このままのペースで、もっと努力したいです。
そうだよね。やれることからまずなんだよね。
モニちゃんのペースで頑張っていて
いつもかっこいいなと思うよ。


*narumiさん
もしかして、よつばとですかー!?
最近私も読み返して、大爆笑でした(笑)

そうですね。
自分の心にすーっと入ってきて
居場所を持ってくれる言葉って
本当に嬉しいものがあります♪

2008/09/12 (Fri) 06:27 | Rui #KGAhWzec | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する