スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後のマンガ展

武蔵!

今日は上野の森美術館で開催されていた『井上雄彦 最後のマンガ展』に
やっとこさ、行ってきましたー!!!
こちらが昨日予告していた楽しみにしていたことです。
先日、寝ずにチケットを取りに行ったのもこれのため。
ちなみに今日も興奮して一睡もしていませんでした。

とにかく早く行かないと大変なことになると聴いていたから
開場時間の3分前には着いていたんだけれど、上野公園中が人、人、人、人ーーー!
ぎょえーとなりつつも、当日券を求めて並ぶ人の向こう側には
チケットをすでに持っている人たちも長蛇の列。
私たちも並んだけれど、結局中に入れたのはその90分以上後でした。

ひんやりとした会場には、145ページにも及ぶ大きな「マンガ」がそこにあり
たくさんの見知らぬ人たちとそれをシェアしながら読む。
壁に飾られた肉筆画である書き下ろしは
ダイナミックかつ、丁寧さがあり、まさに井上雄彦の仕事という感じ。
去年の秋、新刊の「リアル」にはさまっていた
作品展やります。のチラシを観た時に絶対行くぞーと彼氏さんと意気込んでたけど
本当に見に来て良かったと切実に思った。
90分並んでいる間、痺れを切らしてお友達のモニちゃんにメールしたら
「いい写真を撮るためには、いっぱい、いい刺激を受けなきゃね」と返ってきたんだけど
まさに彼の圧倒的な仕事っぷりにあてらて、くらくらするほどでした。
すごく勉強になった。

とにかく空間を上手に使われていて、最後の部屋は体感できるような作りになってるし
人の目線を研究されただけあって、とても「読みやすい」作品展でした。
人はそれぞれの生業を持って生きているけれど
我、漫画家なりというご自分の言葉に偽りなく、
それでいて、本来のマンガという枠を随分と大きく広げた人だと
なんてかっこいい男の人なんだろうと思いました。

こちらの作品展、残すところ5日。
今月の6日までやっています。ホントにオススメ!
人間って美しいなとすごく感じました。

さーて、私は私で作品を創ります。


写真:
彼が長時間並ぶ「読者」を見守っています。
中には彼のコスプレ(?)さんも結構いたんですよー。

コメント

私の名前が登場して、なんだか嬉し恥ずかしw
いい刺激を受けたらきっと、作品にも現れるものだよね。
私たちもそうです。あとは恋をしなさいってよく師匠は言ってたなぁ・・・。
そうして、子供を産んだりすると、また音色が変わったりするみたいだよ。

ひゃー、たけしゃん。すごい目で見てるなぁ・・・。
1番新しい巻まだ買っていないの。忘れてたーーー。

2008/07/03 (Thu) 11:27 | モニ #- | URL | 編集

*モニちゃん
いやはや、本当にあの時は退屈で
モニちゃんとメールして楽しかったよ♪
朝の忙しい時間にどうもありがとう。
恋をしなさいってやっぱりよく言うんだねー。
子供を産んだりしたら、音色が優しくなったり
強さを帯びたりするものなのかな?

すごい目だよね?
彼の完璧コスプレさんがいて
びっくりしてしまいましたー。
私もそろえようかなーって思ったよ♪

2008/07/04 (Fri) 00:23 | Rui #KGAhWzec | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。