スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8/4(前篇) フォトホリックな旅・夏の旅9

旅日誌復活ですっ!
随分と経ってしまったので思い出しながら書いてます。
読んでくださっていたみなさんも
忘れてしまう程間が空いてしまったので
是非、過去の分も読んでもらえるとスムーズかと思います。

*******

2012年8月4日(土)

前日の小旅行のためか
この日も別の場所へまた小旅行予定だったけど
何しろとっても早い時間に起きなきゃ行けない場所だったので
この日は疲れもあって断念。

いつものようにホテルで朝食を食べて出発!

てくてくいくよ。
起きれなかった。。。とは言っても、
この時まだ朝の9時くらい。
夜更かし隊夫婦の私たちとしては大変珍しいですね。

この日のヘルシンキの朝は小雨がぱらっと降ったりして
夏服で闊歩してたらさすがに寒い気温でした。
私はというと、はりきって夏服を詰め込んできたのですが
唯一暖を取れる大きめのストールを持っていたので
そちらをぐるりと身体に巻いて、いざ出陣!(それでも寒かった。)
ヘルシンキの夏は日差しが無いとやっぱり寒いです。

ホテルから歩いて行ったのは
ヘルシンキの中でもデザイン地区と呼ばれている周辺。
ストックマンなどデパートがある場所よりも
静かで落ち着いた雰囲気です。

ちょっと、さくらももこっぽい?
宗教的な建物もおしゃれ?

どちらもよいこだよ。
そうそう!
ヘルシンキ市内では残念ながら猫には会えませんでしたが
いろんな犬たちと遭遇することが多かったです。
でもね、みーんなちゃんと躾されていて、いいこたちばかりでした。
だから上の写真みたいにうんと小さなお子さんでもお散歩できるみたい。
ふたりで交通ルールを守ってかわいかったな。

グロ!
てくてく歩いていると、Hotel GLOを発見!
こちらのホテルはもともと修道院だったそうなんですが、
今はヘルシンキの有名なアートホテルのひとつです。
実はこちらに私はステイしたかったものの、人気で予約が取れなかった。
あまりに私しょんぼりするから担当者さんが
頑張ってこれまたアートホテルであるHelkaの予約を取ってくれました。

意味することとは。。。
修道院の名残なのかな?
門のところの彫りが輪廻転生を意味してるのかしら?なんてことを話ながら
夫婦の目的地へ向かって、歩き続けました。

その間もいろんなおしゃれなお店に寄り道しながらも
辿り着いた目的地はMarikiska!

Marikiska(マリキスカ)とはMarimekkoとフィンランド語でKioskにあたる言葉の造語で
Marimekkoのお店の中でも実験的にお試し商品などを取り扱っているお店です。

これが一番ほしい!
目印のように置いてある大きなクッション。
これは非売品みたいだけど、一番ほしかった(笑)

かわいいー店内。
店内のディスプレイも可愛い!
私は右の手前のスニーカーを買いました。

店内の可愛さは100点!
洋服などは同じ布地でも形が違って日本には入らないものもあります。
上の写真のカラフルな水玉模様のスカート、
これと同じ布地のワンピースは最近日本でも売ってますがフリルがついてなかった。
こういった、嬉しい珍品と出逢えるのがこのお店の素敵なところです。

本当に素敵な女性!
でも、何よりもこのお店で素敵なのはここの店長さん!
本当に親切で楽しい女性でした。
私たちが新婚旅行でも、ふたりの写真が無いのだと言ったら
慌てて「撮らなきゃでしょ!」と言って、店内の可愛いディスプレイを背に
何枚も撮影してくれました!

また、デザイン地区にあるというだけあって、
アートのことや写真のことなども詳しくて、
ちょうど、この時期はヘルシンキのアートフェスティバルの開催前だったので
そのプレ祝いに、展示などをやってるところも教えてくれました♪
朝早い時間であまりお客さんもいなかったので
フィルム写真のことでは意気投合して、ついつい長居してしまった。

マリキスカを後にして、
今日はお休みだけど近くにかもめ食堂があるから歩いてみよう!ということになり
またてくてく、散策。
トラムや地下鉄も楽しいけれど、
やっぱり撮影をしたい私たちにとっては歩くのが一番合ってます。

12080410.png

12080411.png

12080412.png

12080413.png

町並みは古い建物が並んでいるようですが
それを遺すために、至る所で修復工事をみかけました。
人々に大切にされてる街なんですねぇ。
実際のモデルはストックホルムと言われてますが
ヘルシンキの街もまた、「魔女の宅急便」の海の見える街に似ています。
キキとトンボになった気持ちで歩きました(笑)

12080414_20121112180516.png
途中、ヨハンネス教会が見えたので立ち寄ってみることに。
尖塔は72mもあるそうで、大きかった!
中にそーっと入ってみると、どうやら結婚式前だったようで
花嫁付添人の方が待ってました。

結婚式前にありがとうございました!
花嫁付添人の方が中を少し見せてくれました。
ほんと、みなさん親切な人が多いです。

かもめ食堂には、あーでもないこーでもないと言いながらも
地図が間違っていて、なんとか辿りつきました。
土日休みなので、やっぱりお休みだったけど、
あーここにあるんだと思って、対峙した瞬間なんだか感動的でした。
ここへは後日、行く事になります。

サーモンのスープが絶品!
お腹が空いたねーとランチのできる場所を探していると
ラヴィントラ・シーホースというお店を見つけました。
ことりっぷにも載っていますが、
フィンランド人にとても人気のある昔からあるレストランなんだとか。

こちらは意外と厳しいお店だったので
店内での撮影ができなかったのですが、
さとちゃんはお魚のソテー、私はサーモンのクリームスープをいただきました。

サーモンとジャガイモとたまねぎのスープで
シンプルだけど、出汁が出ていて美味しかったです。

腹ごしらえした後も、ヘルシンキ散策は続きます。
白夜最高!

8/4の後編につづきます。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。