スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスマスプレゼント合戦。

今年のクリスマスはみなさん、何かプレゼントはいただきましたか?

私たちは今年は控えめにしようかねーなんて話していたけれど、
やっぱりサプライズしたいもん!ってことで私は事前に用意していました。

でも夫のさとちゃんも最近サプライズに対抗意識があるので、
ちょっと期待してたら、やっぱり用意してくれてましたよ。

*******

24日の夜中、後輩とジブリアニメの話で盛り上がっていると、
突然むくりと立ち上がった彼が、
「実は、Ruiにプレゼントがあるんだ!」と一言。
それを聴いた後輩達は顔を赤らめ、いそいそと帰ろうとする。
でも、このタイミングは何かあるぞとにらんだ私は
「もしかしたらふたりにも見せたいのかもしれないからいてあげて!」
と、頼んでみれば、案の定、みんなで大興奮。

輸送用のダンボールに守られている。。。 ついに手にいれた、理想の本!

なんと、話題に挙っていた『風の谷のナウシカ』コミックのハード版でした!

『風の谷のナウシカ』のコミックは
元々藁半紙のような紙で7巻セットで出ていたのですが、
上下巻の重厚なハード版で再出版されておりました。
私は母の家で読んでいたので、自分のナウシカは持っていなかったわけで
ずっと指をくわえて見ているその姿が彼は気になっていたようです。
いやはや、嬉しい!実に!

この本、私にとって理想の本なんです。
理想というのは、以前見た某司書アニメのお話で
“人は死ぬと本になる”という内容のものを見たことがあるのですが
それを見た時、自分が死んだらどんな本になりたいかと
夫婦で話したことがあって、
「すごいかっこよくておしゃれなハードカバーの本なのに開けてみたら漫画」
っていうのが私の理想の死の形でした(笑)
その時に、彼に「じゃあ、漫画は誰に描いてもらうの?」と言われ
「えー、誰がいいかな?可愛く描いてもらうなら羽海野先生かな?
かっこよくなら、浦沢先生かなー。あっ!でも、やっぱり宮崎駿監督!」
なんて会話をしたことがあります。

とーっても重い本なのに、サプライズするためにネットは使えなかった彼が、
わざわざ店頭で購入して、一生懸命運んだ姿を想像したら
いじらしくて笑ってしまいました。
どんなプレゼントも工夫と想いひとつで、
値段以上の価値が生まれるものだなと思います。

*******

ちなみに、私の方は逆にコンパクトですが、ボールペンをプレゼントしました。
ボールペンと言っても、ただのボールペンではなくて、
私が愛用しているセルロイドのボールペンと万年筆がありまして、
1本1本手作業で作られているペンで、
大切に使えば一生物の素晴らしいペンです。

ただ、これを作っていた匠の方が最近お亡くなりになられて、
それは弟子に継がれたとお聞きしていたのですが、
いつも行く専門のお店に顔を出したら、
最後の1本が残っていたので、これプレゼントにしていただきました。
そろそろ一生ものの何かに出逢ってもいい年齢になってきましたしね。

大切に使ってね!(セルロイドは乾燥しやすいからね!)

私の方は完全サプライズで、
ナウシカをもらった時に
「私はなんも用意してなかったよ、ごめんね」と謝りつつ、
しめしめと思いながら寝室に行き、
彼のもこもこソックスにこのプレゼントを入れ、枕元に置き、
むふふと思いながらも何食わぬ顔でリビングに戻りました。
でも、なかなか気づいてはもらえず、
やっと寝る時間になって「サンタが来た!」と喜んでいただきました。

こうして今年もサプライズの女王の称号は守られましたが
どうやら挑戦者も手強くなってきましたよ。
来年も楽しみです。(ニヤリ)


にほんブログ村 写真ブログへ
こちらも参加中です!いつも色々な形での応援ありがとうございます!


*前回の記事はアップし忘れていた記事です。
 中毒新聞について書きましたので、
 よかったら読んでいただけますと嬉しいです!↓


*今日のオススメ
          
風の谷のナウシカ 豪華装幀本(上巻) 風の谷のナウシカ 豪華装幀本(下巻)
映画で語られているのはほんの少し。
風の谷のナウシカがあらゆる物語の原点であると言っても
過言ではないと思います。
映画よりもとても苦しくそれでも力強い物語、
是非、多くの方に読んでいただきたい名作です。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。